アパレル業界からの転職 さんに会ってみた!~②ドーミーイン大阪谷町支配人の志方さん | 「ドーミーインこぼれ話」 ~DOMINISTA Blog~
最新の求人情報、ホテルスタッフのお仕事紹介…ドーミーインの採用ブログ
「ドーミーインこぼれ話」
~DOMINISTA Blog~

「ドーミーインこぼれ話」 ~DOMINISTA Blog~

「ドーミーインこぼれ話」
~DOMINISTA Blog~

「ドーミーインこぼれ話」
~DOMINISTA Blog~


アパレル業界からの転職 さんに会ってみた!~②ドーミーイン大阪谷町支配人の志方さん

ドーミーインで働く全国のドミニスタに「会ってみた!」シリーズの第二弾。アパレル業界からパートスタッフとして転職、社員登用の後、支配人として活躍中の志方さんのお話です。支配人としてのマネジメントの仕事も「基本は接客」という志方さん…どういうことなのでしょう?

・・・・・
今年2019年4月からドーミーイン大阪谷町で支配人として働く志方(しかた)さん。いまでもフロントに立ったり、ロビーでお客様をお迎えしたり、周囲からは「現場に出過ぎ(笑)」と言われる。本人も「接客好き」を自認する。

実は志方さん、異業種からの転職が少なくないドーミーインの中でも珍しいアパレル業界出身。

「アパレルと言っても、生地商社。海外から輸入した生地をアパレルメーカーさんなどに卸す仕事をしていました」

業界では〝アパレル素材産業〟に分類される生地商社。志方さんはその会社に大学時代からアルバイトで入り、そのまま就職。東京・青山のショールームに勤務し、訪ねてきたメーカーの仕入担当やデザイナーに生地を紹介することが主な仕事だった。

ドーミーイン大阪谷町
※写真はイメージです。

「生地を見せながら、相手の顔を見て違う生地を出してきたり、要望を聞き出して商談に持ち込んだり。そう、接客なんですよ」

志方さんの接客好きの原点はそこにあった。しかも、当時からホテルでの接客にあこがれがあったと言う。

「接客業の頂点はホテルというイメージがあり、いつかは働きたいと思っていました」

そんな志方さんの思いは、家族の事情でやむなく戻った故郷・長崎でも変わらなかった。

「働くならホテル、そう思いました。でもホテルで働いた経験はないし、英語もできない。アルバイト情報誌でドーミーインを見つけたので〝ダメでもともと〟と連絡してみました」

ドーミーインをほとんど知らないままの応募だった。

「ドーミーインは名前を聞いたことがあるくらいでした。行ってみたら、通り一遍の接客じゃなくて、どのスタッフも接客のスキルが高くて。これが本当にビジネスホテルなのか、と思いました」

そんな第一印象を抱いた志方さん。ドーミーインをつくりあげた支配人や会社の上層部にも惹かれた。

「好きな接客ができる。スキルも高められる。人としても大きくなれる気がしました」

かくして、志方さんはパートスタッフとしてスタートした。

「私の場合、接客のベースはモノマネ。あの人の真似、この人の真似、みんなそれぞれ少しずつ違うので、とにかくやってみて、そのまま取り入れたり、少し変えてみたり。接客に本当のオリジナルなんてありませんよ」

そう笑う志方さんだが、そのスタイルこそが志方オリジナルなんだろう。1年半のパート勤務の後、社員登用。長崎を皮切りに、高松、松江での経験を踏まえ、いまは支配人として陣頭に立つ。

「支配人の仕事も、基本は接客だと思っています」

ん? それでいまでもフロントやロビーに出ているのか、と思いきや…。

「ま、それもありますけど(笑)。現場ではお客様の表情や話し方を見て、してほしいことを察しますよね。スタッフに対しても同じだと思うんです。スタッフの顔をちゃんと見て、どう伝えればわかってもらえるのか、言い方を変えたり、時には自分でやってみせたり。スタッフと接する時も〝接客〟の意識が大事だと思っています」

スタッフや周囲を教える立場、まとめる立場になって変わったことがある、と志方さんは言う。

「みんなの成長が自分の成長だと思えるようになりました。教えたり、指示したりして、それで終わりではなく、その後もやっているところをしっかり見るようにして、さらにアドバイス。うまくできたら褒めるようにしています」

志方さんはそういう支配人なんだな、と思っていたら…。

「お客様に対してもそうですよね。きちんと接客できた、それで終わり、じゃなくて。その後もお客様のご様子をうかがって、時にはまたお声掛けしたり、そんなひとつひとつが大事だと思うんです」

やっぱり、志方さん、無類の接客好きだ。これはもうモノマネではなく、ここまでひとつひとつの経験を積み重ねて出来上がった、志方オリジナルだ。たぶん。

スタッフ

【Now and…】

「最初は接客できればそれで良いと思っていたので、支配人になりたいとは思っていませんでした。それが、上司を見ているうちに、副支配人になりたい、支配人になりたい、総支配人になりたい(笑)と思うようになりました。接客はむずかしいですが、決まった答えがあるわけではないので、おもしろい。これからも、目の前の接客を精一杯やり続けたいと思います」

■今回の「会ってみた」人…志方竜馬さん(ドーミーイン大阪谷町 支配人)大学卒業後、在学中からアルバイトをしていた生地商社に就職。退職後、ドーミーイン長崎でパート採用を経て社員登用。高松、松江での勤務を経て、ドーミーイン大阪谷町へ。2019年4月から支配人を務める。

ドーミーインの仕事にご興味のある方は
採用サイトへどうぞ!

中途採用サイト用バナー
パートアルバイト用バナー

アーカイブ

RSS

Page Top