高橋 健太

フロントとレストランとのつなぎ役に。 いつも皆が楽しく働ける環境を作りたいと思っています

料飲エリアリーダー

ドーミーイン北海道エリア

高橋 健太

STORY 01

わたしの仕事

ドーミーインPREMIUM札幌のレストラン支配人を務めるとともに、エリアリーダーとして北海道のレストランを巡回しています。レストランのクオリティ向上のため、衛生面のチェックはもちろん、メニューの内容を見直したり、パートスタッフさんのスキルをチェックして育成のフォローをしたりすることもあります。

また、フロントのスタッフがキャッチしたお客様の声をレストランにつなげていくのも、自分の役目です。原価や調理の手間など、レストラン側の事情とうまくすり合わせてお客様の満足度をアップできたらいいですね。

その他にも新しい店舗の開業時には応援に行きますし、ドーミーインPREMIUM札幌で朝食提供をすることもあります。「楽しく働ける職場にしたい」と常に思っているので、現場の空気を体感しながらスタッフの声をよく聞いて、マネジメントにいかしています。

高橋 健太

STORY 02

仕事のやりがい

新しいことを自分たちで考えて実現できるのがドーミーインで働く醍醐味。ご当地メニューやイベント企画など、皆でアイデアを出し合うといろんな意見が出てきて、すごく楽しいです。管理職として、自由に意見を言える環境にするように気を配ってきたので、その成果ではないかと手ごたえを感じています。

「ドーミーインはすごいホテルだ」と自信をもってお客様に向き合えるのも、この仕事のいいところです。お風呂や朝食など、ビジネスホテルでありながらリゾートホテルに負けないくらいのサービスを提供していると自負しています。一度お客様として泊まってみていただくと、体感できるのではないでしょうか。

STORY 03

入社のきっかけ

専門学校を卒業して電気工事会社に就職したのですが、人と接する仕事がしたくてさまざまな仕事を経験しました。札幌の小さなビジネスホテルで働いていた時、収入をアップさせたいと思って転職活動を開始。ハローワークで見つけたドーミーインの求人に応募したのがきっかけです。実はあまり会社のことは知らなくて、「ホテル業務の経験が活かせて、安心して働けそうだ」という印象でした。

入社後はドーミーインPREMIUM札幌に配属されました。開業の応援として各地のドーミーインに行くことが多かったのですが、他の事業所のスタッフと交流できてとても勉強になりましたね。3年目にはドーミーイン苫小牧の支配人になり、「認められたんだな」という実感があって嬉しかったです。1つの店舗を任され、コミュニケーション改善のために朝礼のやり方を変えるなど、やりたかったことができるようになりました。

その後、首都圏のレストランエリアマネージャーを4年ほど務めました。学生時代のアルバイトや前職で飲食の仕事を経験していたので、辞令を受けた時は「フロント業務など、支配人としてこれまでやってきた業務とレストランをつなぐ役目を期待されている」とやりがいを感じました。当時はあまり注目されていなかったレストラン部門が、組織として形になってきたのを嬉しく感じています。

高橋 健太

STORY 04

今後の目標

今の課題は「スピード感」。頭をフル回転させて、必要なことを迅速に処理していけるようになりたいです。将来は、ドーミーインの海外展開にも関わりたいという目標もあります。アジアなどへ展開するにはマンパワーが必要です。自分自身も現場で戦力になり、料飲チームを率いて必要な人材と仕事をつなぐ役目ができるよう頑張りたいですね。フロント業務も、また勉強しなおそうかなと思っています。「何を」「どこで」にとらわれず、皆が楽しく働ける環境を開拓していくような存在になりたいです。